コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼首温泉郷 おにこうべおんせんきょう

5件 の用語解説(鬼首温泉郷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鬼首温泉郷
おにこうべおんせんきょう

宮城県北部,大崎市北西部の荒雄岳山麓に散在する温泉群。蟹沢温泉,神滝温泉,轟温泉,吹上温泉,宮沢温泉,荒湯地獄,片山地獄などの温泉,硫気孔が並ぶ。泉質は単純泉,食塩泉など。泉温は 80~92℃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鬼首温泉郷【おにこうべおんせんきょう】

宮城県玉造郡鳴子(なるこ)町(現・大崎市)にあり,荒尾川に臨む。神滝(みたき),轟(とどろき),吹上,宮沢などの諸湯からなり,単純泉,弱食塩泉など。45〜98℃。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おにこうべおんせんきょう【鬼首温泉郷】

宮城県玉造郡鳴子町に属し,荒雄岳(984m)の西・南麓に,荒雄川に臨んで散在する(とどろき),神滝(みたき),宮沢,吹上,荒湯などの諸温泉の総称。轟温泉(食塩泉,80℃)の古湯は元和年間(1615‐24)ころ,新湯はその後に発見された。神滝温泉(食塩泉,58℃)は荒雄湖畔にあり,女の湯と俗称されるほど婦人病に卓効があるといわれ,宮沢温泉(食塩泉,45~98℃)は標高300mにある古くからの湯治場である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おにこうべおんせんきょう【鬼首温泉郷】

宮城県大崎市鳴子温泉鬼首、荒雄岳のふもとにある温泉群。雄釜・雌釜の特別天然記念物の間欠泉が有名。地熱発電所がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鬼首温泉郷
おにこうべおんせんきょう

宮城県北西部、大崎(おおさき)市鳴子(なるこ)温泉鬼首にある温泉群。荒雄(あらお)岳の山麓(さんろく)を流れる荒雄川(江合(えあい)川)の本・支流に沿って散在する鬼首、轟(とどろき)、神滝(みたき)、宮沢、吹上(ふきあげ)、荒湯などの温泉の総称で、鳴子温泉郷の一つともされる。鬼首温泉は川渡(かわたび)温泉、中山平温泉とともに奥鳴子・川渡温泉郷として国民保養温泉地に指定されている。宮沢、吹上には一定時間を置いて熱湯を噴出する間欠泉(かんけつせん)があり、また片山地獄や吹上沢の噴泥もある。付近にはリゾートパーク・オニコウベ(ゴルフ場やスキー場など)、鳴子ダムなど観光要素が多い。JR鳴子温泉駅からバスが通じる。[長谷川典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬼首温泉郷の関連キーワード荒雄岳江合川岩出山〈町〉鳴子〈町〉宮城県大崎市鳴子温泉宮城県大崎市鳴子温泉鬼首宮城県大崎市鳴子温泉上鳴子川渡[温泉]轟[温泉]中山平[温泉]

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone