コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷足船 にたりぶね

1件 の用語解説(荷足船の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にたりぶね【荷足船】

東京湾・相模湾あたりで使われていた小型の和船。五大力船よりは小さく,猪牙船(ちよきぶね)よりは大きかったという記録がある。東京湾では桁曳漁(けたひきりよう)にも使用されていたが,主として荷船として利用され,大正初年ころ神奈川県の多摩川から砂利を運んでくるものを,東京では〈神奈川荷足〉といっていた。幅が狭く,船足が比較的速く,飛脚船としても使われていたという。【石塚 尊俊】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荷足船の関連キーワード相模湾東京湾アクアライン熱海あたりき国言葉レールバスバスパワーボーダー・テリア湾岸開発と山砂ポロポニー

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone