コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅井汲 すがいくみ

4件 の用語解説(菅井汲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菅井汲
すがいくみ

[生]1919.3.13. 神戸
[没]1996.5.14. 神戸
画家,版画家。第2次世界大戦後国際画壇で最も活躍した日本の画家の一人。 1933年に大阪美術学校に入学,37年大阪阪急百貨店商業デザインポスターなどを制作。 52年渡仏以来パリに居住,ヨーロッパアメリカ各地で個展を開催。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

菅井汲【すがいくみ】

画家,版画家。神戸市生れ。大阪美術学校中退。中村貞以吉原治良に師事。1952年渡仏,グラン・ショーミエールに通う。以降パリに定住。1959年リュブリアナ国際版画展,1965年サン・パウロビエンナーレに出品。
→関連項目ベネチア・ビエンナーレ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅井汲 すがい-くみ

1919-1996 昭和-平成時代の洋画家。
大正8年3月13日生まれ。中村貞以(ていい),吉原治良(じろう)に師事。昭和27年フランスにわたり,以来パリで制作。40年サンパウロ-ビエンナーレで国際最優秀画家賞。41年芸術選奨。力づよい抽象的作風で知られる。版画でも受賞多数。平成8年5月14日死去。77歳。兵庫県出身。大阪美術学校中退。本名は貞三。作品に「朝のオートルート」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菅井汲
すがいくみ
(1919―1996)

洋画家。大正8年3月13日神戸市に生まれる。大阪美術学校中退、阪急電鉄宣伝課に勤務、ポスターデザインに従事する。第二次世界大戦後、日本画に関心をもち中村貞以(ていい)(1900―82)に1年ほど学ぶ。また吉原治良(じろう)と交友。1952年(昭和27)に渡仏、以来パリに定住する。60年代なかばから、明快な色面の構成による独自の作風を示し、注目を集める。62、68年ベネチア・ビエンナーレ、65年サン・パウロ・ビエンナーレ展(外国作家最優秀賞)など、主要な国際展に出品を続け、高い評価を受ける。またクラクフ国際版画展で大賞のほか、各国で版画の受賞が多い。66年芸術選奨文部大臣賞を受ける。67年車を高速運転中に大事故を起こす。69年東京国立近代美術館ロビーのための大形作品『フェスティヴァル・ド・トウキョウ』を設置するため一時帰国。同年京都国立近代美術館で大規模な個展開催。71年レジオン・ドヌール勲章シュバリエ章受章。建築とかかわる大形壁画を手がけたり、すでに署名が入れられた版画を大量に刷るなど、その活動領域を広げる。83年西武美術館ほかで回顧展が開催された。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『菅井汲集』(1970・筑摩書房) ▽『菅井汲版画集』(1970・美術出版社) ▽『菅井汲作品集1952―1975』(1976・美術出版社) ▽『一億人から離れて立つ画家菅井汲の世界』(1982・現代企画室) ▽ジャン・クラランス・ランベール文、永盛克也訳『菅井汲』(1991・リブロポート) ▽芦屋市美術博物館・町田市立国際版画美術館・東京新聞編『菅井汲 版画の仕事1955―1995』(1997・東京新聞) ▽東京都近代美術館・兵庫県立近代美術館編『菅井汲展』(2000・菅井汲展実行委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

菅井汲の関連キーワード誘導尋問石英岩薄田宙哉公判自殺関与罪逮捕反対尋問サイモン委員会家電リサイクル法浅田真央

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菅井汲の関連情報