コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原治良 ヨシハラジロウ

百科事典マイペディアの解説

吉原治良【よしわらじろう】

美術家。大阪市生れ。関西学院高校卒。1954年家業の吉原製油社長に就任。独学で絵画を学び,1934年二科展入選。1954年具体美術協会を主宰し,若手の前衛美術活動をリードする。
→関連項目芦屋市立美術博物館菅井汲

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉原治良 よしはら-じろう

1905-1972 昭和時代の洋画家。
明治38年1月1日生まれ。昭和9年藤田嗣治(つぐはる)のすすめで二科展に出品,入選。戦後二科会再建につとめたが,29年具体美術協会を結成して前衛芸術運動を推進。昭和47年2月10日死去。67歳。大阪出身。関西学院高等商業部卒。作品に「白い円」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よしわらじろう【吉原治良】

1905~1972) 洋画家。大阪市生まれ。1954年(昭和29)具体美術協会を創立し、関西の前衛美術を育てた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉原治良
よしはらじろう
(1905―1972)

洋画家。大阪市生まれ。1929年(昭和4)関西学院高等商業部を卒業し、同年大阪朝日会館で最初の個展を開く。34年から二科展に出品、抽象絵画で特待賞を受け、38年二科会会友となり、前衛グループ九室会を結成、41年二科会会員となる。第二次世界大戦後、大阪府芸術賞を受け、54年(昭和29)具体美術協会を創立、代表として活発な前衛芸術運動を推進し、アンフォルメル派の独自な一環として欧米各地で展覧会を開き、国際的に知られる。67年日本国際美術展で国内大賞、71年インド・トリエンナーレ展で金賞を受賞する。代表作は『図説』『火山』『白い円』『作品(黒地に白円)』など。[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吉原治良の言及

【具体美術協会】より

…吉原治良(1905‐72)を軸に1954年12月,芦屋市で関西の若手作家を中心に設立された美術家団体。吉原の〈具体美術宣言〉(1956)に言うように,人間と物質との直接的なかかわりから新たな美術を志向するものだった。…

※「吉原治良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

吉原治良の関連キーワード国立国際美術館斎藤 義重田中敦子村上三郎昭和時代白髪一雄元永定正嶋本昭三

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉原治良の関連情報