コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅礼之助 すがれいのすけ

2件 の用語解説(菅礼之助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菅礼之助
すがれいのすけ

[生]1883.11.25. 秋田
[没]1971.2.18.
昭和期の実業家。東京高等商業学校を卒業後,古河合名会社に入社。古河商事を経て古河合名会社理事,日満鉱業社長,帝国鉱業開発社長,全国鉱山会長などを歴任。 1946年には石炭庁長官,47年には配炭公団の初代総裁に就任し,日本産業協議会評議員会議長,経済団体連合会 (経団連) 顧問などをつとめたが,第2次世界大戦公職追放となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅礼之助 すが-れいのすけ

1883-1971 大正-昭和時代の実業家。
明治16年11月25日生まれ。菅礼治の長男。古河合名理事をへて,昭和14年帝国鉱業開発社長となる。21年石炭庁長官,29年東京電力会長。俳誌「同人」を主宰。昭和46年2月18日死去。87歳。秋田県出身。東京高商(現一橋大)卒。俳号は裸馬(らば)。著作に「裸馬翁五千句集」など。
【格言など】ガヤガヤした生活ばかりだったから,せめて死ぬときはひとりで静かに死なせてくれ(米寿のときのことば)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菅礼之助の関連キーワード中山悦治内田信也岩瀬徳三郎大倉邦彦小渕光平金田一国士小糸源六郎高木武(2)当山哲夫畠山一清

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone