コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅礼之助 すがれいのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菅礼之助
すがれいのすけ

[生]1883.11.25. 秋田
[没]1971.2.18.
昭和期の実業家。東京高等商業学校を卒業後,古河合名会社に入社。古河商事を経て古河合名会社理事,日満鉱業社長,帝国鉱業開発社長,全国鉱山会長などを歴任。 1946年には石炭庁長官,47年には配炭公団の初代総裁に就任し,日本産業協議会評議員会議長,経済団体連合会 (経団連) 顧問などをつとめたが,第2次世界大戦後公職追放となる。解除後は,同和鉱業を経て 54年に東京電力会長に就任。日本原子力産業会議会長,電気事業連合会会長,経団連評議会議長をはじめ,日本相撲協会運営審議会会長などを歴任した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅礼之助 すが-れいのすけ

1883-1971 大正-昭和時代の実業家。
明治16年11月25日生まれ。菅礼治の長男。古河合名理事をへて,昭和14年帝国鉱業開発社長となる。21年石炭庁長官,29年東京電力会長。俳誌「同人」を主宰。昭和46年2月18日死去。87歳。秋田県出身。東京高商(現一橋大)卒。俳号は裸馬(らば)。著作に「裸馬翁五千句集」など。
【格言など】ガヤガヤした生活ばかりだったから,せめて死ぬときはひとりで静かに死なせてくれ(米寿のときのことば)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅礼之助の関連キーワード11月25日菅裸馬菅礼治裸馬

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android