コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊竹淳 きくたけ すなお

2件 の用語解説(菊竹淳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊竹淳 きくたけ-すなお

1880-1937 明治-昭和時代前期の新聞記者。
明治13年1月25日生まれ。36年福岡日日新聞社(西日本新聞社の前身)に入社。昭和4年編集局長。7年五・一五事件に際し,一連の論説をかいて議会政治を擁護し,軍部の政治介入を批判した。10年副社長。昭和12年7月21日死去。58歳。福岡県出身。東京専門学校(現早大)卒。号は六皷。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊竹淳
きくたけすなお
(1880―1937)

新聞記者。号は六鼓(ろっこ)。明治13年1月25日福岡県生まれ。1903年(明治36)東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)卒業後、『福岡日日新聞』(現、西日本新聞)に入社。編集長、副社長、主筆を務める。1932年(昭和7)の五・一五事件に際し「敢(あえ)て国民の覚悟を促す」の社説で軍部を攻撃、議会政治擁護の論陣を張ったことは有名。昭和12年7月21日没。郷里のうきは市吉井町に菊竹六鼓記念館がある。[春原昭彦]
『木村栄文編著『六鼓菊竹淳』(1975・葦書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊竹淳の関連キーワード伊東太郎遠藤桂風兼田秀雄小杉武司千宗左(12代)中川浄益(10代)松山茂森永助森連吉田明志女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊竹淳の関連情報