コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菓子パン カシパン

デジタル大辞泉の解説

かし‐パン〔クワシ‐〕【菓子パン】

甘く味をつけたり、中にあん・クリーム・ジャムなどを入れたりして作ったパン。日本独特のものも多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

かしパン【菓子パン】

甘い味のパン。特に、あん・ジャム・クリームなどを中に入れたパン。◇あんパンジャムパンクリームパンメロンパンなど、代表的な菓子パンは、いずれも日本で考案されたものとされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かしパン【菓子パン】

あん・ジャム・クリームなどを包みこんだり、甘い味を付けたりして焼いたパン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菓子パン
かしぱん

パン生地(きじ)に配合される糖、脂肪の合計配合率(リッチ度)が小麦粉に対して10%未満のものを食パン、10%以上のものを菓子パンと食糧庁が行政上の分類をしている。パンと菓子パンとはどこの国でも区別されていて、アメリカ系ではブレッドとスイート・ドウ・グッズ、ドイツ系ではブロートとゲベックに分けられる。ドイツ系パンのリッチ度の区分は、糖と脂肪のそれぞれ、あるいは糖、脂肪をあわせた量の10%を限界としており、日本のパンのリッチ度の分類もこれに倣っている。製法や材料により、また形により種類も豊富である。[阿久津正蔵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の菓子パンの言及

【パン】より

…ワイン酵母を利用したのである。前5世紀になるとパン屋という職業が生まれ,果実やはちみつを混ぜた菓子パンも作られるようになった。ギリシアのパンは形も豊富であり,動物や半月の形を模した〈形象パン〉も作られ,神々への供物とされた。…

※「菓子パン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

菓子パンの関連キーワード富士電機リテイルシステムズchoco cornetデニッシュペストリーベーキングパウダーcream paoイギリストーストjam paoチョココルネ菓子パン海胆アルミフリーシュトーレンイフジ産業ペストリー山崎製パン赤池裕美子クリスマスシナボン渡部夕貴マフィンカシパン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菓子パンの関連情報