菓子パン(読み)カシパン

  • かしパン クヮシ‥
  • かしパン〔クワシ〕

大辞林 第三版の解説

あん・ジャム・クリームなどを包みこんだり、甘い味を付けたりして焼いたパン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パン生地(きじ)に配合される糖、脂肪の合計配合率(リッチ度)が小麦粉に対して10%未満のものを食パン、10%以上のものを菓子パンと食糧庁が行政上の分類をしている。パンと菓子パンとはどこの国でも区別されていて、アメリカ系ではブレッドとスイート・ドウ・グッズ、ドイツ系ではブロートとゲベックに分けられる。ドイツ系パンのリッチ度の区分は、糖と脂肪のそれぞれ、あるいは糖、脂肪をあわせた量の10%を限界としており、日本のパンのリッチ度の分類もこれに倣っている。製法や材料により、また形により種類も豊富である。[阿久津正蔵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (パンはpão) パンの一種。パン種の中にジャム、クリーム、あんなどを包みこんで焼いた日本独特のもの。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉九「『マア来いヨ。甘(うま)いもんがあるぞ』『なんじゃア。また菓子(クヮシ)パンじゃらう』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の菓子パンの言及

【パン】より

…ワイン酵母を利用したのである。前5世紀になるとパン屋という職業が生まれ,果実やはちみつを混ぜた菓子パンも作られるようになった。ギリシアのパンは形も豊富であり,動物や半月の形を模した〈形象パン〉も作られ,神々への供物とされた。…

※「菓子パン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菓子パンの関連情報