コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海胆/海栗 ウニ

デジタル大辞泉の解説

うに【海胆/海栗】

ウニ綱の棘皮(きょくひ)動物総称。殻は半球形・円錐形・円盤形などで、表面は栗のいが状のとげに覆われ、とげの間から細い糸状の管足を出して運動する。口器は下面中央にあり、「アリストテレスの提灯(ちょうちん)」とよばれ、肛門は背面中央にある。すべて産で、生殖巣を食用にするものにアカウニバフンウニムラサキウニなどがある。 春》
(「雲丹」とも書く)ウニの生殖巣。生で食べるほか、練りうになどにもする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海胆 (ウニ)

動物。ウニ類の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

海胆/海栗の関連キーワード動物