コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒花 アダバナ

3件 の用語解説(徒花の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あだ‐ばな【徒花】

咲いても実を結ばずに散る花。転じて、実(じつ)を伴わない物事。むだ花。「徒花を咲かす」「徒花に終わる」
季節はずれに咲く花。
はかなく散る桜花。あだざくら。
「風をだに待つ程もなき―は枝にかかれる春の淡雪」〈夫木・四〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あだばな【徒花】

咲いても実を結ばない花。外見ははなやかでも実質を伴わないもののたとえにもいう。 「せっかくのヒットも-になる」
季節はずれに咲く花。狂い咲き。 〔日葡〕
祝儀として渡す紙纏頭かみばなで、あとで現金にかえるつもりのないもの。 「外聞ばかりの-を出し/浮世草子・椀久二世
咲いてすぐ散る、はかない花。特に、桜の花。 「風をだに待つ程もなき-は/夫木 4

いたずらばな【徒花】

咲いても実のならない花。あだばな。むだばな。 「恋の花や、-やうちや匂ひわたつた/浄瑠璃・平家女護島」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徒花の関連情報