コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萎凋病 いちょうびょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萎凋病
いちょうびょう

植物の病気の一種で,病徴は根や茎の地ぎわの導管の部分に病原菌が繁殖し,水分の上昇が妨げられ地上部がしおれてついに枯死する。ジャガイモの場合,病気になった株は,水分が不足したように萎凋し,葉は黄色になり落下し,ついに枯死する。この茎を縦に割ってみると維管束の部分が褐変している。病原菌は不完全菌類に属するフサリウム属菌によって起ることが多く,ウリ類,トマト,ササゲなど多くの農作物にも萎凋病を引起す。また,ダリアなどはベルティシリウム属菌の寄生により同じような病気が起る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いちょう‐びょう〔ヰテウビヤウ〕【萎×凋病】

トマト・ナスなどで、根や茎に糸状菌の一種が寄生し、水分の供給が悪くなって枯れる病害

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちょうびょう【萎凋病】

糸状菌の寄生によっておこる、トマト・ゴボウ・イチゴなどの病気。水分の供給が悪くなり、下葉の方からしおれて枯れる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萎凋病
いちょうびょう

トマト、ゴボウ、アスター、カーネーション、シクラメンなどの病気で、フザリウム・オキシスポルムFusarium oxysporumという糸状菌の寄生によっておこる。病原はこれらの作物の根や茎の維管束に侵入して繁殖するため、水分の供給が悪くなり、下葉のほうからしおれて枯れる。病原菌には系統があって、トマトを侵す系統はトマトだけに寄生して、他の作物は侵さない。萎凋病のうち、もっとも被害の大きいのはトマトで、収穫期に入ったトマトが枯れて収穫できなくなる。病原菌は土壌中に長く生存しているので、苗は無病土か消毒土で育成し、畑はクロルピクリン剤などで消毒して栽培する。また、抵抗性品種を栽培するとよい。このほか、イチゴ、ウドにも萎凋病がある。病徴はよく似ているが、病原菌はフザリウムとは異なったバーティシリウム・ダリエVerticillium dahliaeという糸状菌である。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

萎凋病の関連キーワードつる割病下葉

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android