コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夷堅志 いけんし Yi-jian-zhi; I-chien-chih

3件 の用語解説(夷堅志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夷堅志
いけんし
Yi-jian-zhi; I-chien-chih

中国,宋の説話集。南宋の洪邁 (こうまい) の撰。もと 420巻,現存は約 200巻。慶元4 (1198) 年頃成立。著者が各地に任官,または旅行の間に見聞した,宋初からの民間に伝わる珍談,奇談,怪談の類を記録風に綴ったもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いけんし【夷堅志 Yí jiān zhì】

中国,南宋の洪邁(こうまい)(1123‐1202)編。《列子》湯問篇の〈大禹は行きて之(これ)を見,伯益は知りて之を名づけ,夷堅は聞きて之を志(しる)す〉の句に基づき,伝聞の異事を集録して唐の張慎素にすでに《夷堅録》の著があった。洪邁はこれにならって北宋末から南宋初の約100年間の民間雑事を32集420巻に編集し随時に出版した。巻帙(かんちつ)の浩漫なること北宋初期の勅撰書《太平広記》500巻と並んで小説家類の双璧と称せられるが,100年間の事項6000項目という密度の高さは社会文化史の資料としてはるかに《太平広記》を凌駕する価値を持つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いけんし【夷堅志】

中国宋代の志怪小説集。洪邁撰。原本四二〇巻、うち二〇六巻が伝わる。神仙鬼怪、異聞雑録を広く捜集、また当時の市民生活を伝える。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夷堅志の関連キーワード高邁松漠紀聞南人口がうまい貢米朱陸うまい鮨勘うまいものはうまい。博多うまいものはうまい。容斎随筆