葛西囃子(読み)カサイバヤシ

世界大百科事典 第2版の解説

かさいばやし【葛西囃子】

東京都葛飾区に伝承されている祭囃子。別名〈若囃子〉〈和歌囃子〉〈馬鹿囃子〉。江戸川区にもこの分流が伝えられている。大太鼓1,締(しめ)太鼓2,笛1,鉦(かね)1の編成で,曲は〈打込み〉〈屋台囃子〉〈昇殿〉〈鎌倉〉〈四丁目(しちようめ)〉〈屋台囃子〉の順序で演奏する6段構成となっている。このほかに神輿(みこし)巡行を迎える〈投げやり〉,おかめ,ひょっとこなどの馬鹿踊の〈忍馬(にんば)〉,獅子舞に奏する〈勇み〉〈清め〉〈じゃれ〉などの曲がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かさいばやし【葛西囃子】

江戸中期、武蔵国葛西におこった祭礼の囃子。一説に、葛西金町の鎮守香取明神の神職が始めたものという。葛西神社例大祭に奉納される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛西囃子
かさいばやし

東京都葛飾(かつしか)区と江戸川区一帯に伝承する祭囃子。享保(きょうほう)(1716~36)のころ、葛西領の代官伊奈半左衛門が、領内青年の娯楽の健全化のため葛西神社(当時は香取(かとり)明神社)の神主能勢環(のせたまき)と図って神楽(かぐら)囃子から創案したという。その後、江戸の天下祭とよばれた山王祭(さんのうまつり)や神田祭(かんだまつり)の付祭(つけまつり)の山車(だし)囃子として出演するようになり、神田囃子をはじめ、東京、神奈川、千葉、埼玉などに広く行われている江戸祭囃子系の元祖と目されている。編成は大太鼓1、締(しめ)太鼓(しらべ)2、笛(とんび)1、手平鉦(ひらがね)(よすけ)1で、曲には「打込み」「屋台囃子」「昇殿」「鎌倉」「仕丁舞(しちょうめ)」の正曲のほか、「投げやり」「忍馬(にんば)」、獅子舞用の「勇み」などがある。馬鹿(ばか)面(道化面)をかぶった道化踊りがついたことから馬鹿囃子ともいう。[西角井正大]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かさい‐ばやし【葛西囃子】

〘名〙 武蔵国葛西領の代官伊奈半左衛門が、同所の氏神香取明神の神主能勢環(のせたまき)に、神楽の囃子を改変して娯楽的に作らせたものと伝えられ、神田囃子など江戸の祭囃子の始めとされる。東京都指定の無形文化財となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の葛西囃子の言及

【祭囃子】より

…地域により特色があるが,主要楽器としては太鼓・篠笛(しのぶえ)・鉦(かね)などが用いられる。京都の祇園祭の祇園囃子や江戸の葛西(かさい)囃子馬鹿囃子などはその代表的なものであり,とくに祇園囃子は歴史が古く,祭囃子としてほぼ全国に及んでいる。京都の祇園囃子は鉦・太鼓・笛(能管)によって演奏されるが,鉦がきわめて印象的で一口に〈コンチキチン〉と呼びあらわされており,笛は能管を用いる。…

※「葛西囃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android