蓴菜(読み)ジュンサイ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐さい【×蓴菜】

スイレン科の水生多年草池沼に生え、葉は長さ約10センチの楕円形で長い柄をもち、水面に浮かぶ。若芽新葉は表面に寒天様の粘液を多く分泌する。5、6月ごろの若芽・若葉は食用となり、珍重される。ぬなわ。 夏》「―を里人知らぬ古江かな/乙字
[補説]「純菜」「順才」と当てて書くこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんさい【蓴菜】

スイレン科の多年生水草。池沼に自生。茎は泥中の根茎から長く伸び、楕円形の葉を互生。夏、水上に花柄を出して暗紅紫色の花を開く。茎・葉にぬめりがあり、若い芽・葉を食用にする。蓴。古名ヌナワ。 [季] 夏。
〔ぬめりをもつことから、それにたとえていう。近世上方語〕 ぬらりくらりと、どっちつかずであること。 「こなさんがた-とはなぜに言ふえ。はておまへ追従ばかり言ふて、あちらでもこちらでもぬらりぬらりといふ心じやわいのう/浮世草子・旦那気質」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蓴菜 (ジュンサイ)

学名:Brasenia schreberi
植物。スイレン科の浮葉性多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓴菜の関連情報