コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原寛子 ふじわらのかんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原寛子
ふじわらのかんし

[生]長元3(1030)
[没]大治2(1127).8.14.
後冷泉天皇の皇后。頼通の娘。別称,四条后。永承5 (1050) 年女御,翌年皇后となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原寛子

没年:大治2.8.14(1127.9.21)
生年:長元9(1036)
平安中期,後冷泉天皇の皇后。関白藤原頼通と従二位藤原祇子の娘。永承5(1050)年15歳で入内。翌年皇后,以後,中宮,皇太后,太皇太后となり,「在后位七十七年,古今未だ此の如き例なし,志性は甚直,花美極限なし」(『中右記』死没日条)とされるが,子が生まれず頼通の権勢が崩壊する因になったといわれる。後冷泉の在位中は,春秋歌合を主催したり,華美な装束で法華八講に参列したりしたが,天皇没後は宇治法定院に居住した。

(服藤早苗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤原寛子の関連キーワード四条宮主殿儇子内親王四条宮下野四条宮筑前瑠璃女御斎宮女御悦子女王大夫典侍敦元親王平等院源邦正

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android