斎宮女御(読み)サイグウノニョウゴ

百科事典マイペディアの解説

斎宮女御【さいぐうのにょうご】

平安中期の歌人。醍醐天皇皇子重明親王の女(むすめ)徽子女王。938年―945年,伊勢に斎宮として赴任。20歳の時に母の喪のため任を解かれ,京に戻り,948年,村上天皇に入内し,女御となったため,〈斎宮女御〉と称された。晩年,娘規子内親王が伊勢斎宮に卜定(ぼくじょう)された際,密かに娘に同行して再び伊勢に赴いた。三十六歌仙の一人。和歌以外にも,琴,書にもすぐれ,周辺に一文化圏を形成した。家集に《斎宮女御集》がある。
→関連項目三十六歌仙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎宮女御 さいぐうのにょうご

929-985 平安時代中期の歌人。
延長7年生まれ。重明(しげあきら)親王と藤原寛子の娘。規子内親王の母。承平(じょうへい)6年伊勢神宮の斎宮となり,天慶(てんぎょう)8年退下。天暦(てんりゃく)3年村上天皇の女御。承香殿(じょうきょうでんの)女御とも称された。天皇との贈答歌が知られ,家集に「斎宮女御集」がある。三十六歌仙のひとり。「拾遺(しゅうい)和歌集」以下の勅撰集に45首はいる。寛和(かんな)元年死去。57歳。名は徽子(きし)。
【格言など】吹く風になびく浅茅は何なれや人の心の秋を知する(「後拾遺和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

斎宮女御

没年:寛和1(985)
生年:延長7(929)
平安時代の歌人。三十六歌仙のひとり。重明親王と藤原忠平の娘寛子の子。本名は徽子女王。別称,承香殿女御。承平6(936)年9月斎宮に卜定。天慶8(945)年母の喪により退下。天暦2(948)年村上天皇に入内し,翌年女御となる。音楽,和歌に秀で,天暦宮廷歌壇において活躍した。『拾遺集』以下の勅撰集に45首入集。家集に『斎宮女御集』があり,さまざまな人々との贈答歌や折々の独詠歌を収めるが,特に村上天皇との贈答が注目される。「かつ見つつ影離れ行く水の面にかく数ならぬ身をいかにせん」など女御としての心情を表白した歌からは,平安時代の後宮に生きた女性の心中をうかがうことができる。<参考文献>山中智恵子『斎宮女御徽子女王』

(中周子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さいぐうのにょうご【斎宮女御】

929~985) 平安中期の歌人。三十六歌仙の一人。本名、徽子きし。重明親王の王女。斎宮から村上天皇の女御となり、規子内親王を生む。「天暦十年歌合(斎宮女御歌合)」を催す。承香殿女御。式部卿女御。家集「斎宮女御集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android