コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原氏宗 ふじわらの うじむね

3件 の用語解説(藤原氏宗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原氏宗 ふじわらの-うじむね

810-872 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
弘仁(こうにん)元年生まれ。北家藤原葛野麻呂(かどのまろ)の7男。母は和気清麻呂(わけの-きよまろ)の娘。仁寿(にんじゅ)元年(851)参議,貞観(じょうがん)12年右大臣。この間左右近衛(このえ)大将,東宮傅(ふ)などを兼任,正三位にいたる。「貞観格(きゃく)」「貞観式」を撰進した。貞観14年2月7日死去。63歳。贈正二位。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原氏宗

没年:貞観14.2.7(872.3.19)
生年:生年不詳
平安前期の公卿。葛野麻呂と和気清麻呂の娘の子。天長9(832)年に上総大掾。以後美濃守,陸奥守など多数の官を歴任,清和朝に入り急速に昇進し中納言,大納言を経て貞観12(870)年右大臣。この昇進には貞観1年の藤原淑子(基経の異母妹)との結婚が無関係ではなかろう。官歴の多さは他に類をみないが,『貞観格』『貞観式』の編纂にかかわったほかは,これといった事績は伝わらない。63歳(66歳とも)で没し,当日正二位を追贈されたが,子供らは遺命により受け取らなかったという。晩年を過ごした東山の白河邸は,いまの大豊神社(京都市左京区鹿ケ谷)の地にあったといい,没後妻の発願で寺(円成寺)に改められた。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのうじむね【藤原氏宗】

810‐872(弘仁1‐貞観14)
平安初期の官人。生年を795年(延暦14)とする説もある。藤原葛野麻呂(かどのまろ)の子で母は和気清麻呂の娘。蔵人を経て838年(承和5)従五位下となり,右少弁,陸奥守などを経て848年(嘉祥1)春宮亮,翌々年文徳天皇即位にともない蔵人頭,翌851年(仁寿1)参議となる。のち検非違使(けびいし)別当,左大弁を歴任,859年(貞観1)従三位,左右大将を経て870年には太政大臣藤原良房のもとで右大臣となり,良房に先だつこと半年で没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原氏宗の関連キーワード護王神社南家藤原内麻呂藤原葛野麻呂和気真綱和気神社藤野清麻呂藤原小黒麻呂藤原巨勢麻呂和気仲世

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone