コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇婆訶 そばか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇婆訶
そばか

サンスクリット語 svāhāの音写。「そわか」と音写されることもある。密教呪文などの終りにつけて,成就吉祥,息災などを祈念するのに用いる密語。元来は,ベーダの宗教において神に供物を供えるときの言葉であるといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そわか〔ソハカ〕【××訶/××訶】

《〈梵〉svāhāの音写。円満・成就などと訳す》仏語。幸あれ、祝福あれ、といった意を込めて、陀羅尼・呪文(じゅもん)などのあとにつけて唱える語。そばか。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

蘇婆訶の関連キーワードサンスクリット語阿毘羅吽欠蘇婆訶唵阿毘羅吽欠阿毘羅吽欠真言

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android