コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇婆訶 そばか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇婆訶
そばか

サンスクリット語 svāhāの音写。「そわか」と音写されることもある。密教呪文などの終りにつけて,成就吉祥,息災などを祈念するのに用いる密語。元来は,ベーダの宗教において神に供物を供えるときの言葉であるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そわか〔ソハカ〕【××訶/××訶】

《〈梵〉svāhāの音写。円満・成就などと訳す》仏語。幸あれ、祝福あれ、といった意を込めて、陀羅尼・呪文(じゅもん)などのあとにつけて唱える語。そばか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android