蘇婆訶(読み)そばか

  • ×蘇▽婆×訶/×薩▽婆×訶
  • そわか〔ソハカ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンスクリット語 svāhāの音写。「そわか」と音写されることもある。密教呪文などの終りにつけて,成就,吉祥,息災などを祈念するのに用いる密語。元来は,ベーダの宗教において神に供物を供えるときの言葉であるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

《〈〉svāhāの音写。円満・成就などと訳す》仏語。幸あれ、祝福あれ、といったを込めて、陀羅尼・呪文(じゅもん)などのあとにつけて唱える語。そばか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android