コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇曼殊 そまんしゅ Su Man-shu

8件 の用語解説(蘇曼殊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇曼殊
そまんしゅ
Su Man-shu

[生]光緒10(1884).横浜
[没]1918.5.2. 上海
中国,清末民国初の小説家,詩人。本名,蘇玄瑛。曼殊は僧名。字,子穀。父は広東商人,母は日本人で,日本で生れ,少年時代を中国で過し,光緒 24 (1898) 年渡日して早稲田大学予科などに学んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そ‐まんじゅ【蘇曼殊】

[1884~1918]中国、清末・民国初期の詩人・文学者。横浜に生まれ、母は日本人。名は玄瑛(げんえい)、字(あざな)は子穀。曼殊は僧号。革命運動に参加。辛亥(しんがい)革命後は幻想的作風を示した。自伝的小説「断鴻零雁記(だんこうれいがんき)」。スー=マンチュー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蘇曼殊【そまんじゅ】

中国,清末・民国初期の詩人,小説家。母は日本人。横浜生れ。仏門に入り,革命と遁世(とんせい)の間で,動揺と漂泊の生活を送る。自伝的中編《断鴻零雁記》等がある。作品は感傷主義的なものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘇曼殊 そ-まんじゅ

1884-1918 中国の文学者。
明治17年9月28日横浜で中国人の父,日本人の母の間に生まれる。中国にうつりすみ,明治35年早大に留学。このころから革命家とまじわり,青年会などに参加した。イギリスの詩人バイロンに傾倒し,ロマン派の詩を中国に紹介した。1918年5月2日死去。35歳。中国読みはスー-マンシュー。名は玄瑛(げんえい)。字(あざな)は子穀(しこく)。曼殊は僧号。作品に「断鴻零雁(だんこうれいがん)記」,訳書に「娑邏海浜遯跡(さらかいひんとんせき)記」など。

蘇曼殊 スー-マンシュー

そ-まんじゅ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

そまんじゅ【蘇曼殊 Sū Màn shū】

1884‐1918
中国,清末・民国初期の文人。名は玄瑛。曼殊は僧号。中国人を父,日本人を母として横浜に生まれる。少年時代を広東で送ったのち早稲田大学等に留学。のち出家したが章士釗(しようししよう),劉師培,章炳麟(しようへいりん)ら革命家と交わり,南社の詩人となった。英語に長じバイロン,シェリー等西洋のロマン派の詩を最も早く中国に紹介した。小説も書いたが,後の郁達夫の私小説の世界に一脈通ずるものがあるものの旧型の言情小説にとどまり,新しい文学を開くには至らなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そまんじゅ【蘇曼殊】

1884~1918) 中国、清末・民国初期の詩人・小説家。名は玄瑛げんえい。曼殊は僧号。日本人を母として横浜で生まれた。革命的文学結社「南社」に参加したが、のち日本や東南アジア諸国を放浪。詩は感傷的傾向が濃い。自伝的小説「断鴻零雁記」。スー=マンシュー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘇曼殊
そまんじゅ / スーマンシュー
(1884―1918)

中国、清(しん)末民国初年の文学者。名は玄瑛(げんえい)、字(あざな)は子穀(しこく)。広東(カントン)省中山県の人。横浜で中国人茶商人と日本人の女性の間に生まれる。養母は河合仙。1889年広東に帰郷したが、98年ふたたび来日。1902年早稲田(わせだ)大学高等予科に入学したころより革命派に近づき、青年会、軍国民教育会に参加。04年香港(ホンコン)で康有為(こうゆうい)暗殺を謀ったが未遂。シャム、セイロンを流浪してサンスクリットを学び、07年劉師培(りゅうしばい)・何震(かしん)夫妻とともに来日。章炳麟(しょうへいりん)の国粋革命論、亜洲(あしゅう)和親会運動の影響を受けて排満的文章をつづり、インド革命家A・ゴーシュ原作とおぼしき『娑邏海浜遯跡記(さらかいひんとんせきき)』を訳す。F・M・ミュラーの著作を下敷きにして『梵(ぼん)文典』出版を計画、また南条文雄に入門してサンスクリット研究を志したが、ともに果たさず。また魯迅(ろじん)が計画した雑誌『新生』にも加わる予定だったが、未刊に終わった。当時バイロンに傾倒し、08年『バイロン詩選』を出版。09年ジャワ中華学校英語講師となり、文学結社南社にも参加。12年に帰国してからは、辛亥(しんがい)革命後の混乱のなか憂憤を抱いて日本、中国を流浪し、詩・小説を著した。革命後は象徴主義的作風を示した。自伝的装いの幻想小説『断鴻零雁記(だんこうれいがんき)』(1912)はその代表作。18年5月2日上海(シャンハイ)で病没。柳亜子編『蘇曼殊全集』全五巻(1928)があり、30年代に非常に流行した。日本ではその血統のため日中戦争期に盛んに紹介された。[藤井省三]
『飯塚朗訳『断鴻零雁記』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蘇曼殊の関連キーワード人民文学英文学漢文学典論文学者古代文学先秦文学張競山口剛興膳宏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone