コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木稔 みきみのる

3件 の用語解説(三木稔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三木稔
みきみのる

[生]1930.3.16. 徳島,徳島
[没]2011.12.8. 東京
作曲家。1951年東京芸術大学音楽学部作曲科に入学。1953年,NHK芸術祭管弦楽曲公募で入賞。大学卒業年の 1955年に父が死去,生計を支えるため映画や舞台の音楽を手がけた。映画『愛のコリーダ』の音楽がよく知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三木稔 みき-みのる

1930-2011 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和5年3月16日生まれ。池内友次郎に師事。昭和39年に日本音楽集団を結成。44年野坂恵子と二十弦箏を開発し「序の曲」などを発表。イングリッシュ-ミュージック-シアター委嘱のオペラ「あだ」をはじめ「じょうるり」「急の曲」などで国際的に知られる。61年からオペラ・シアター歌座主宰。平成2年結アンサンブルを創立。平成23年12月8日死去。81歳。徳島県出身。東京芸大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三木稔
みきみのる
(1930―2011)

作曲家。徳島市生まれ。1955年(昭和30)東京芸術大学作曲科卒業。池内友次郎(いけのうちともじろう)(1906―1991)、伊福部昭(いふくべあきら)に師事。在学中に書いた『交響的三楽章』(1953)がNHK管弦楽懸賞で第2位となる。1964年邦楽器の合奏団「日本音楽集団」の結成に参加、以後同団音楽監督として『古代舞曲によるパラフレーズ』(1966)をはじめ、邦楽器合奏のための作品を作曲する。民族楽器を現代によみがえらせるアプローチがその後も三木の活動に貫かれる。箏(そう)奏者の野坂恵子(のさかけいこ)(1938― )とともに考案した二十絃(げん)箏を1969年に完成させ、二十絃箏のための『天如(てんにょ)』(1969)を作曲。以後、二十絃箏は現代邦楽における重要な楽器となる。
 1970年代以降は『春琴抄(しゅんきんしょう)』(1975)をはじめ、イングリッシュ・ミュージック・シアターの委嘱による『あだ』(1979)、セントルイス・オペラ劇場の委嘱による『じょうるり』(1985)など、日本の近世を題材とする、邦楽器を用いたオペラ連作を発表、2000年(平成12)には第7作『源氏物語』(1999)を発表している。一方、邦楽器群とオーケストラのための作品である三部作『鳳凰(ほうおう)三連(序の曲、破の曲、急の曲)』(1969、1974、1981)の第3曲「急の曲」は、ライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団の委嘱により書かれた作品である。1986年(昭和61)よりオペラ・シアター「うたよみ座」(1990年「歌座」に改称)を主宰、『よみがえる』(1992)などの民俗オペラを発表。1993年(平成5)アジアの民族楽器によるオーケストラ・アジア(ORA)を結成し芸術監督となる。1994年紫綬(しじゅ)褒章を受章。著書に『日本楽器法』などがある。[楢崎洋子]
『『日本楽器法』(1996・音楽之友社) ▽『阿波 合唱による風土記』(1997・音楽之友社) ▽『オペラ「源氏物語」ができるまで』(2001・中央アート出版社) ▽桐朋教育研究所編『生江義男対談集――創造する力』(1988・二期出版)』
「『三木稔:選集』(2001・カメラータ・トウキョウ)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三木稔の関連キーワード山岸純石崎宏矩石田比呂志内山秀夫高月清田沢仁築島裕花見忠吉田鎮雄吉野良彦

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三木稔の関連情報