コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血痕検査 けっこんけんさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血痕検査
けっこんけんさ

血液が付着してできたと思われる痕跡についての検査。犯罪の捜査に用いられる。血痕らしいかどうか (予備試験) ,血痕かどうか (本試験,実性試験) ,人血かどうか,血液型は何型かの順で検査する。血痕から性別,胎児血か成人血かも知ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血痕検査
けっこんけんさ

血痕は犯罪捜査および裁判上の有力な物的証拠であり、法医学的にしばしば血痕検査が行われる。血痕検査によって、犯行現場や着衣などにおける血痕付着の状態、すなわち、その位置、配列、形状などから、犯罪の行われた状況、たとえば被害者と加害者との位置的関係、自他殺の別などを推定できることがある。
 血痕の形状には、飛沫(ひまつ)痕、滴下痕、流下痕などがあって、分光化学的な検査方法で、血量の測定、血痕がいつごろのものであるかの陳旧(ちんきゅう)度を判定する。また、出血部位(たとえば月経血等)の判定方法などもある。しかしながら、血痕と似た斑痕(はんこん)(しみ)はきわめて多いので、肉眼的な検査だけでは血痕と確認することはできない。したがって、これらの斑痕については、人血か否か、人血とすれば血液型はなにかといった血清学的検査が必要となる。血痕検査には、予備試験(斑痕が血痕かどうかのおよその見当をつけるもの)、本試験または実性試験(血痕かどうかを確認するもの)、人血試験または種属判別試験(血痕がヒトのものかどうかを判別するもの)、血液型検査(人血痕のABO式およびその他の血液型を判定するもの)などがあるが、血痕量が微小の場合とか汚染されている場合には判定が困難であり、血痕から事実を判断しようとする採証学的な効果が得られないこともありうる。昭和20年代におきた、いわゆる弘前(ひろさき)大学教授夫人殺害事件、財田川(さいたがわ)事件、免田(めんだ)事件などの諸事件が、昭和50年代になって再審開始となったのは、いずれも微量血痕に関する採証学的価値が問題となったためである。[船尾忠孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android