コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霍去病 かくきょへい Huo Qu-bing; Huo Ch'ü-ping

6件 の用語解説(霍去病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霍去病
かくきょへい
Huo Qu-bing; Huo Ch'ü-ping

[生]建元1(前140)?
[没]元狩6(前117)
中国,前漢の武帝時代の武将。衛皇后および衛青の姉の子。衛青の匈奴遠征に従って功を立て,冠軍侯に封じられた。次いで票騎 (ひょうき) 将軍として匈奴を討ち,匈奴諸王や王子を殺し捕虜としたので,渾邪 (こんや) 王は一族を率いて漢にくだった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かく‐きょへい〔クワク‐〕【霍去病】

[前140ころ~前117]中国、前漢の武将。平陽の人。衛青の甥(おい)。6回にわたって北西辺の匈奴(きょうど)討伐を指揮して大勝、驃騎(ひょうき)大将軍となったが若くして病死した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

霍去病【かくきょへい】

前漢の武帝時代の武将。叔父衛青に続いて匈奴(きょうど)を討ち,大功をあげた。24歳で病死。墓は陝西省興平県の武帝陵のそばに現存。墓前の石馬は有名。
→関連項目石人石獣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かくきょへい【霍去病 Huò Qù bìng】

前140‐前117
中国,前漢武帝時代の将軍。武帝の衛皇后および将軍衛青の甥で,皇后の縁故により18歳で侍中となる。前123年に衛青の匈奴征討に従軍して勇将ぶりを発揮し,前121年には驃騎将軍となる。この年,甘粛方面の匈奴に壊滅的打撃を与えて西部匈奴の渾邪(こんや)王を降服させ,前119年には衛青と出撃して匈奴を漠北に一掃する手柄をたてたが,その2年後に24歳で病死した。
霍去病墓
 陝西省興平県の武帝の陵墓茂陵(もりよう)の東方およそ1kmのところにある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かくきょへい【霍去病】

前140頃~前117) 中国、前漢の武帝時代の名将。叔父の衛青えいせいとともに匈奴きようどをゴビ砂漠の北に駆逐。大司馬に任ぜられたが、二四歳で病死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霍去病
かくきょへい
(前140―前117)

中国、前漢の武帝期に匈奴(きょうど)討伐で著名な武人。衛(えい)皇后の甥(おい)にあたり、戦術に天賦の素質を発揮した。六度出兵して斬首(ざんしゅ)・捕虜11万余。渾邪(こんや)王を降(くだ)し、河西・酒泉を置いて辺境地帯を鎮めた。紀元前119年、衛青(えいせい)とともに匈奴の根拠地を攻め、外モンゴルの狼居胥山(ろうきょしょさん)に至った。その功績により、衛青と並称されたが、24歳の若さで夭折(ようせつ)した。彼は皇帝に忠誠で、戦術においては伝統的な孫子・呉子の兵法にこだわることなく、速度と距離に重点を置く騎兵を主力に採用した。先輩李広(りこう)らの防御戦術から脱皮したので、初めて匈奴を抑えることができた。『史記』の叙述は去病にやや冷淡であるが、それは司馬遷(しばせん)の外征に対する批判的態度を示すものである。墓は武帝の茂陵(もりょう)の近傍に、衛青のそれと隣り合わせにある。現在はそこに文物管理所が設けられていて、茂陵周辺の漢代を中心にした出土品が数多く展示されている。とりわけ胡人(こじん)を踏む石馬は有名である。[好並隆司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の霍去病の言及

【漢代美術】より

…この国力を背景に武帝は積極的に領土を広げ,宿願の匈奴征討を果たし,西域との通交も開かれた。この武帝の覇業を示すのは前漢諸帝陵中最大の茂陵とその陪冢(ばいちよう)の霍去病(かくきよへい)の墓である。墳丘全体を祁連(きれん)山に見たて,そこに巨石の丸彫による牛・馬その他の彫像を配する。…

【祁連山脈】より

…4000m以上では氷河が発達し河西回廊の水源となる。山ろくにはチベット族,河西回鶻(かいこつ)の子孫ユーグ(裕固)族などが居住,焉支(えんし)山一帯には漢の霍去病(かくきよへい)によって官営養馬場が開かれて以来,軍馬飼育場が発展している。【駒井 正一】。…

※「霍去病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

霍去病の関連キーワード衛青後漢公孫弘前漢桑弘羊巫蠱の乱王融漢武売爵令昭帝

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone