コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表郷 おもてごう

2件 の用語解説(表郷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表郷
おもてごう

福島県南部,白河市南部の旧村域。白河盆地の南東に位置する。 1955年金山村,古関村,社村の3村が合体して成立。 2005年白河市,大信村,村と合体して白河市となった。源義家建立の八幡神社があり,古くから奥州街道の要所であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

表郷
おもてごう

福島県南部、西白河(にししらかわ)郡にあった旧村名(表郷村(むら))。現在は白河市の南東部を占める地域。1955年(昭和30)、金鉱のあった金山(かねやま)村、白河関跡のあった古関(こせき)村、源義家(よしいえ)ゆかりの八幡(はちまん)神社のある社(やしろ)村が合併し、この地が白河城の南東にあたり表郷とよばれるところから新村名とした。2005年(平成17)東(ひがし)、大信(たいしん)の2村とともに白河市と合併した。国道289号が通じる。稲作のほか、葉タバコの栽培などを行う。大池はハクチョウの飛来地として知られる。[渡辺四郎]
『『表郷村郷土史』(1966・表郷村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表郷の関連キーワード福島県白河市愛宕町福島県白河市郭内福島県白河市白坂福島県白河市新白河福島県白河市中田福島県白河市南湖福島県白河市南池下福島県白河市南堀切福島県白河市南町福島県白河市南真舟

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

表郷の関連情報