コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表郷 おもてごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表郷
おもてごう

福島県南部,白河市南部の旧村域。白河盆地の南に位置する。 1955年金山村,古関村,社村の3村が合体して成立。 2005年白河市,大信村,村と合体して白河市となった。源義家建立の八幡神社があり,古くから奥州街道の要所であった。中心地区の金山は白河-棚倉街道沿いに発達した街村。米作,トマトやニラなどの蔬菜栽培が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

表郷
おもてごう

福島県南部、西白河(にししらかわ)郡にあった旧村名(表郷村(むら))。現在は白河市の南東部を占める地域。1955年(昭和30)、金鉱のあった金山(かねやま)村、白河関跡のあった古関(こせき)村、源義家(よしいえ)ゆかりの八幡(はちまん)神社のある社(やしろ)村が合併し、この地が白河城の南東にあたり表郷とよばれるところから新村名とした。2005年(平成17)東(ひがし)、大信(たいしん)の2村とともに白河市と合併した。国道289号が通じる。稲作のほか、葉タバコの栽培などを行う。大池はハクチョウの飛来地として知られる。[渡辺四郎]
『『表郷村郷土史』(1966・表郷村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

表郷の関連キーワード福島県白河市表郷番沢東(福島県)福島県白河市深谷 博治白河(市)白川

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android