コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補給金 ホキュウキン

5件 の用語解説(補給金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほきゅう‐きん〔ホキフ‐〕【補給金】

国または地方公共団体が特定事業の助成のために事業会社に支給する補助金。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

補給金【ほきゅうきん】

補助金の一種で,国家が商品価格への干与によって,生産量あるいは輸出入量を基準として企業に与える財政援助。第2次大戦後の価格差補給金や1953年以降の外航船舶建造融資利子補給などはその代表的なもので,企業の資本蓄積への助成である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ほきゅうきん【補給金】

特定事業の助成のため、国が事業会社に給する補助金。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補給金
ほきゅうきん

補助金」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

補給金
ほきゅうきん

広義の補助金のうち、一定の理由によって生ずる費用・赤字を補償するため、とくに定められたもの。第二次世界大戦後、公定物価体系を維持するために支出された価格調整補給金、外航船舶建造のために支出された利子補給金などが有名である。これらは経済発展とともにしだいに廃止され、最近では利子補給金(たとえば地方財政再建債への利子補給金など)が少額あるにすぎない。[一杉哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補給金の関連キーワード価格設定戦略地域別価格設定全国統一価格設定ブロックグラント補助金適正化法年金・被贈等の収入補助金の返還県の国庫補助金返還問題幼稚園就園奨励費補助金COE形成基礎研究費

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

補給金の関連情報