コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補給金 ホキュウキン

百科事典マイペディアの解説

補給金【ほきゅうきん】

補助金の一種で,国家が商品価格への干与によって,生産量あるいは輸出入量を基準として企業に与える財政援助。第2次大戦後の価格差補給金や1953年以降の外航船舶建造融資利子補給などはその代表的なもので,企業の資本蓄積への助成である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ほきゅうきん【補給金】

特定事業の助成のため、国が事業会社に給する補助金。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補給金
ほきゅうきん

補助金」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

補給金
ほきゅうきん

広義の補助金のうち、一定の理由によって生ずる費用・赤字を補償するため、とくに定められたもの。第二次世界大戦後、公定物価体系を維持するために支出された価格調整補給金、外航船舶建造のために支出された利子補給金などが有名である。これらは経済発展とともにしだいに廃止され、最近では利子補給金(たとえば地方財政再建債への利子補給金など)が少額あるにすぎない。[一杉哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

補給金の関連キーワード橋下知事の大阪(伊丹)空港廃止構想肉用子牛生産安定等特別措置法食糧管理特別会計農畜産業振興機構関西3空港問題コンセッション献金の質的制限ドッジ・ライン野菜指定産地不足払い制度復興特別区域電力国家管理農林公庫資金輸入補給金地方交付税価格調整費地方分与税片山哲内閣高速道路ボーナス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

補給金の関連情報