補給金(読み)ほきゅうきん

日本大百科全書(ニッポニカ)「補給金」の解説

補給金
ほきゅうきん

広義補助金のうち、一定の理由によって生ずる費用・赤字を補償するため、とくに定められたもの。第二次世界大戦後、公定物価体系を維持するために支出された価格調整補給金、外航船舶建造のために支出された利子補給金などが有名である。これらは経済発展とともにしだいに廃止され、最近では利子補給金(たとえば地方財政再建債への利子補給金など)が少額あるにすぎない。

[一杉哲也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「補給金」の解説

補給金【ほきゅうきん】

補助金一種で,国家が商品価格への干与によって,生産量あるいは輸出入量を基準として企業に与える財政援助。第2次大戦後の価格差補給金や1953年以降の外航船舶建造融資利子補給などはその代表的なもので,企業の資本蓄積への助成である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「補給金」の解説

ほきゅう‐きん ホキフ‥【補給金】

〘名〙 特定事業の補助または助成の措置として国から支給される金銭。
※朝野新聞‐明治二四年(1891)一月二四日「補給金は其社資本の増減収入の多少にはらず〈略〉毎年金八十八万円づつ下附すべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android