コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複写紙 ふくしゃし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複写紙
ふくしゃし

文字や画面を複写するのに使われる紙の総称。伝票などの複写に用いられるもの copying paperと,光学的画像再現過程に利用されるもの reproducing paperとに大別される。種類は非常に多いが,前者は筆圧によって複写するもので,カーボン紙ノーカーボン紙がある。後者は複写機用紙 (フォト・コピー) や青写真などに使われる電気的なもの,ファクシミリで使われる感熱記録紙感光紙などがある。また謄写版,ゼラチン版,スピリット複写などの原稿から版に写し多数複写する複写紙も複写用紙の範疇である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくしゃし【複写紙 duplicating paper】

1枚の原票を書いたりタイプライターで印字すると,下に重ねた数枚の紙に複写が同時にとれる薄葉紙(うすようし)。木材パルプまたは麻を主原料に強度の叩解(こうかい)を行い,無機顔料を多量に配合して作った薄くてじょうぶな高不透明性の紙である。マニラアサを配合した機械すき和紙,化学パルプで作る複写洋紙があり,カーボン原紙には後者が用いられる。現在はホットメルト型カーボンインキを必要部分だけに塗布(スポット印刷)した裏カーボン複写紙がふえ,カーボン紙を挟んで複写する方式は減っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくしゃし【複写紙】

複写に用いる紙。コピー紙やカーボン紙など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

複写紙
ふくしゃし

鉛筆、ボールペンまたはタイプライター印字を複写するのに使用する薄葉紙(うすようし)で、カーボン紙を間に挟んで用いる紙(複写用紙)、複数の紙の上葉紙の裏面の全面または一部必要な部分にカーボンを塗布した紙(裏カーボン紙)、および化学発色をおこさせるノーカーボン紙(感圧複写紙)などがある。特性としては、薄葉紙(厚いものでは1平方メートル当りの坪(つぼ)量が40グラム、薄いものでは16グラム程度)としては腰が強く、ピンホールがなく、スタンプ印を圧しても破れず、多数枚の複写が可能で、地合いが良好で、不透明であることなどである。そのため複写用紙の原料パルプは100%晒(さらし)化学パルプを用い、とくに薄くて強度の大きい紙を得るためにはマニラ麻や靭皮(じんぴ)の晒化学パルプを大量に配合して抄造する。広義に複写とは、直接単一または一定数のコピーを作製したり、さらにオフセット印刷やジアゾペーパーによって多数の複製を作製するための原稿やマスターをつくることを可能とする方法のことであり、これに用いる紙をすべて複写紙とすれば、その種類は多く、透明印画紙のように透明度の大きい紙、厚手の加工紙なども含まれる。[御田昭雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

複写紙の関連キーワード堀井 新治郎(2代目)カーボンレスペーパーポリ塩化ビフェニルマイクロカプセル感熱・感圧色素サーモグラフィゼネラル酸化亜鉛三菱製紙感熱色素感圧紙PCB

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android