コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まちgusset

翻訳|gusset

3件 の用語解説(襠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


まち
gusset

裁縫用語で,三角形,台形などの裁断上の差込み布。腕のつけ根など,人体の複雑な部分を立体的におおったり,手足の運動に必要なゆとりをあらかじめつくるために用いる。和裁では羽織の脇,袴やももひきの内股,洋裁ではドルマンスリーブやキモノスリーブの袖付け,また手袋の親指のつけ根などの部分に使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まち【×襠】

衣服や袋物などの布幅にゆとりを持たせるために補う布。袴(はかま)の内股(うちまた)や羽織の脇(わき)間などに入れる。
かばん・ランドセル・財布などの側面で、厚みになる部分。口の開閉に伴って、その部分の革や布が折れ曲がったり伸びたりするものもある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まち【襠】

衣服や袋物で、幅や厚みの足りない所に加える布。 「 -を入れる」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

襠の関連情報