コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西吾妻山 にしあづまやま

2件 の用語解説(西吾妻山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西吾妻山
にしあづまやま

福島・山形両県境にある吾妻山連峰の最高峰。標高 2035m。付近には西大嶺 (1982m) ,東大嶺 (1928m) ,中吾妻山 (1931m) ,烏帽子山 (1880m) などの古い火山がある。起伏のゆるやかな山容を呈し,喬木 (→高木 ) ,灌木 (→低木 ) の原生林におおわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西吾妻山
にしあづまさん

山形県米沢(よねざわ)市と福島県耶麻(やま)郡北塩原村の境界にある山。吾妻火山の最高峰で、標高2035メートル。なだらかな楯(たて)状火山の山容を示し、山頂までアオモリトドマツ、コメツガなどの針葉樹原生林が覆い、東部には弥兵衛平(やへいだいら)の高層湿原があり、多くの池塘(ちとう)が分布する。白布(しらぶ)温泉から天元台を経てリフトを利用する登山コースや天元台高原スキー場が整備されている。西麓(せいろく)を西吾妻スカイバレーが通じる。磐梯(ばんだい)朝日国立公園に含まれる。[中川 重]
『『吾妻連峰』(1960・山形県総合学術調査会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西吾妻山の関連キーワード赤岳後立山連峰奥穂高岳小蓮華山吾妻山公園休暇村吾妻山ロッジ立山連峰の清水白布[温泉]六合〈村〉群馬県吾妻郡東吾妻町松谷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西吾妻山の関連情報