西山 翠嶂(読み)ニシヤマ スイショウ

20世紀日本人名事典「西山 翠嶂」の解説

西山 翠嶂
ニシヤマ スイショウ

明治〜昭和期の日本画家 京都市立美術大学名誉教授。



生年
明治12(1879)年4月2日

没年
昭和33(1958)年3月30日

出生地
京都・伏見

本名
西山 卯三郎

学歴〔年〕
京都府画学校〔明治32年〕卒

主な受賞名〔年〕
文化勲章〔昭和32年〕,文化功労者〔昭和32年〕

経歴
明治26年竹内栖鳳師事。28年第4回内国勧業博覧会で「平軍驚水禽」が褒状、40年第1回文展「広寒宮」で3等賞。大正5年第10回文展「未笄の女」が特選、次いで「短夜」「落梅」が連続特選となり、8年帝展審査員、京都市立絵画専門学校教授、昭和8年同校長、のち名誉教授。また帝国美術院会員、帝国芸術院会員、帝室技芸員を務めた。この間大正10年に画塾「青甲社」を創立、堂本印象上村松篁ら多くの門弟輩出。他に「木槿」「くらべ馬」「牛買い」「洛北の秋」などがあり、著書に「太朴無法」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「西山 翠嶂」の解説

西山 翠嶂 (にしやま すいしょう)

生年月日:1879年4月2日
明治時代-昭和時代の日本画家
1958年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android