コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西米良村 にしめら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西米良〔村〕
にしめら

宮崎県中部,一ツ瀬川上流域にある村。村域は米良荘の一部で,江戸時代には人吉藩に属し,菊池 (米良) 氏の支配下にあった。九州山地のなかの孤立的環境にあり,椎葉村とともに秘境といわれてきたが,1963年西都市との境に一ツ瀬ダムができてから国道 219号線,265号線などの観光ルートも通じた。林業が主産業で木材,シイタケを産する。面積 271.51km2。人口 1089(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

西米良村の関連キーワード宮崎県児湯郡西米良村上米良夏まつり やまびこ花火大会宮崎県児湯郡西米良村越野尾宮崎県児湯郡西米良村横野宮崎県児湯郡西米良村竹原宮崎県児湯郡西米良村小川宮崎県児湯郡西米良村村所宮崎県児湯郡西米良村板谷西米良村の要覧県議会の1人区広域消防本部西米良(村)宮崎県児湯郡菊池氏作小屋市房山横谷峠

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西米良村の関連情報