親類書(き)(読み)シンルイガキ

デジタル大辞泉の解説

しんるい‐がき【親類書(き)】

親族の氏名・経歴、本人との続き柄などを書き連ねた書類。縁組みなどのさいに用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんるいがき【親類書】

江戸時代,武士が家族・親類の氏名,仕官先,本人との続柄などを書き連ねた文書。一類付(いちるいづけ)などともいう。仕官,婚姻などのとき提出・交換された。江戸時代の大名は,戦国大名以来の家柄をもつ一部の外様大名を除き,大半が近世初頭以降急速に家臣団を拡大したが,自己の家臣団内部で拡大再生産できず,とくに譜代大名は家臣団が流動的で,たえず新規の仕官を必要とした。また,旗本も家臣に渡り者が多かった。仕官に当たり,親類書は先祖書と並んで身上書の役割を果たした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android