コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観閲式 かんえつしき

世界大百科事典 第2版の解説

かんえつしき【観閲式】

自衛隊の儀式の一つで,旧日本陸軍の観兵式に当たるもの。観兵式は1868年(明治1)明治天皇が即位後,京都河東操練場で護衛諸隊の軍容を親閲したのが始まりと伝えられ,陸軍記念日天長節などの中央式典では大元帥たる天皇が観閲官となった。観兵式には,整列した部隊を巡閲してまわる閲兵式と,兵隊を行進させて観閲する分列式とがあった。自衛隊の観閲式は(1)内閣総理大臣防衛庁長官,防衛次官,統合幕僚会議議長,幕僚長,指揮系統上の部隊の長である将などが就任後初めてその指揮下の部隊などを公式に視察する場合,(2)自衛隊旗授与式,(3)表彰式,祝賀式,着任・離任式などに行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

観閲式の関連情報