コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観閲式 かんえつしき

1件 の用語解説(観閲式の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんえつしき【観閲式】

自衛隊の儀式の一つで,旧日本陸軍の観兵式に当たるもの。観兵式は1868年(明治1)明治天皇が即位後,京都河東操練場で護衛諸隊の軍容を親閲したのが始まりと伝えられ,陸軍記念日天長節などの中央式典では大元帥たる天皇が観閲官となった。観兵式には,整列した部隊を巡閲してまわる閲兵式と,兵隊を行進させて観閲する分列式とがあった。自衛隊の観閲式は(1)内閣総理大臣防衛庁長官,防衛次官,統合幕僚会議議長,幕僚長,指揮系統上の部隊の長である将などが就任後初めてその指揮下の部隊などを公式に視察する場合,(2)自衛隊旗授与式,(3)表彰式,祝賀式,着任・離任式などに行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

観閲式の関連キーワード分隊下士官観兵式地方隊特科陸尉陸佐陸士陸将幹部学校

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観閲式の関連情報