コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸軍記念日 りくぐんきねんび army commemoration day

4件 の用語解説(陸軍記念日の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸軍記念日
りくぐんきねんび
army commemoration day

各国陸軍の記念日。各国とも,建軍の日,あるいは国運をかけた戦いに勝利した日を国民の祝日として各種行事を行う例が多い。第2次世界大戦で敗れるまでの日本では,3月 10日を陸軍記念日としていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りくぐん‐きねんび【陸軍記念日】

日露戦争における奉天会戦の勝利を記念して設けられた記念日。3月10日。第二次大戦後廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りくぐんきねんび【陸軍記念日】

日露戦争における奉天会戦の勝利を記念して設けられた記念日。3月10日。1946年(昭和21)廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸軍記念日
りくぐんきねんび

3月10日。日露戦争の戦勝を記念するため1906年(明治39)1月に制定されたもの。日本軍の奉天(ほうてん)入城の日にあたる。毎年、各種の記念行事が行われ、軍国主義を鼓吹する場となった。第二次世界大戦後廃止。[吉田 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陸軍記念日の言及

【奉天会戦】より

…日本は敵主力の包囲には失敗し,攻撃力の極限に達したが,この勝利によって講和の気運はいっそう促進されることになった。旧陸軍は3月10日をのちに陸軍記念日とした。【栂 博】。…

※「陸軍記念日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陸軍記念日の関連キーワード国恥記念日記念日軍旗祭時の記念日特科キタノ記念日鉄の記念日記念日第2次世界大戦終結の日建国記念日海の記念日

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone