コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解除反応 かいじょはんのうabreaction

翻訳|abreaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解除反応
かいじょはんのう
abreaction

精神分析の用語除反応ともいう。抑圧された情緒を解消させるために,もとの体験を再び想像してよみがえらせること。これによるカタルシスを通して神経症の治療を行う。通常の面接場面に加えて,薬物催眠などが利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいじょはんのう【解除反応 abreaction】

無意識の中に抑圧されていた過去の不安,緊張外傷体験状況が,あるきっかけのもとで再現され,その時の情動が激しい形で表現され解放されること。除反応,発散などともいう。精神療法における催眠,薬物の作用,心理劇内観等の状況下で生じやすい。さまざまな感情が涙とともに表現され,カタルシスが得られる。解除反応によって意識化された体験や感情は,自我の中に統合され,洞察が生まれることで態度や行動の変容が可能となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいじょはんのう【解除反応】

無意識の中に抑圧されていた過去の不安な感情や外傷体験の状況が、精神療法の過程の中などで意識化され表現されることで、緊張から解放されること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の解除反応の言及

【精神療法】より

… 第1は治療者による受容,尊重,傾聴がもたらす不安・緊張の緩和。さらに,言語および感情表現を自由にさせること(カタルシス,解除反応)。第2には,知的および体験的に自己の誤りや不安のメカニズムに気づくこと(洞察,悟り)。…

※「解除反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

解除反応の関連キーワード精神分析過程

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android