計会(読み)ケイカイ

デジタル大辞泉の解説

けい‐かい〔‐クワイ〕【計会】

考えあわせること。とりはからうこと。
「内臣となって内外を―し」〈続紀・元正〉
物事が重なり合うこと。
「物色と人情と―すること疎(おろそ)かなり」〈菅家文草・一〉
さしつかえること。取り込むこと。
「歳末の―によって暫く差し置かれぬ」〈太平記・四〉
困ること。困惑すること。
「足踵気など、散々の―なり」〈実隆公記
金のやりくりがつかないこと。貧乏。
「我が―して、食物がなさに渡るを」〈四河入海・二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいかい【計会】

考え合わせること。また、うまく合うようにとりはからうこと。 「内外を-す/続紀 養老五
物事が一時に重なること。 「病愁とともに-に迫り/東鑑 正治二
困ること。 「俄事にて-言ふはかりなかりしかども/正徹物語」
おちぶれること。貧乏すること。 「所領に離れ給ひて、今は-によつて細々の音信もなかりけり/御伽草子・秋道」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐かい ‥クヮイ【計会】

〘名〙 (「けいがい」とも)
① はからいあわせること。はかりごとをめぐらすこと。対比照合すること。
※続日本紀‐養老五年(721)一〇月戊戌「汝卿房前。当内臣会内外。准勅施行。輔翼帝業、永寧国家
② 一時に落ちあうこと。
吾妻鏡‐治承四年(1180)九月二日「雖日来子細、不御乗船後事、悲喜計会云々」
③ 諸事が重なって難儀すること。とりこみ、あわてること。
※吾妻鏡‐正治二年(1200)三月一四日「今日、岡崎四郎義実入道懸鳩杖。参尼御台所御亭。八旬衰老、迫病与愁計会。余命在旦暮
④ 会計すること。決算をすること。また、やりくりすること。
※東寺百合文書‐に・嘉慶元年(1387)一〇月二〇日・金岡道広書状「抑細々に申入へく候ところに、らうたいと申、御公事のけいくゎいと申、諸事はうきやく仕候て」 〔戦国策‐斉策・閔王〕
⑤ どうしてよいかわからず困ること。困惑すること。
正徹物語(1448‐50頃)上「横座へ請ぜらるる程に、計会にて有しかども、座敷へつき侍し」
⑥ やりくりがつかないで困却すること。困窮すること。零落すること。
※看聞御記‐永享一〇年(1438)四月七日「公方之仰不故障之由被切諫云々、可云々、旁計会之由申、返事難指南事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の計会の言及

【公式様文書】より

…(4)は上級官人が牒式,下級官人や庶民は辞式を用いる。(5)のうち勅授,奏授,判授3位記式は,位階を授けるときのもの,計会式(太政官会諸国および諸司式,諸国応官会式,諸司応官会式)は文書の発着記録簿で,後日互いに照合して文書授受が正確に行われたか否かを見るもので,律令時代が文書による行政であったことを示す。過所式は水陸の関所の通行許可証である。…

※「計会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android