コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許広平 きょこうへい Xu Guang-ping

7件 の用語解説(許広平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

許広平
きょこうへい
Xu Guang-ping

[生]光緒24(1898).広東,番禺
[没]1968.8.3. 北京
中国の作家魯迅の妻。北京女子師範大学在学中に学生運動に参加,教師の魯迅と結ばれた。 1927年,魯迅とともに上海へ移り,以後,抗日文芸工作に従事,日本軍に逮捕されたこともある。中華人民共和国成立以後は,全国婦女連合会副主席,全国人民代表大会常務委員などの要職を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょ‐こうへい〔‐クワウヘイ〕【許広平】

[1898~1968]中国の婦人運動家。番禺(広東省)の人。魯迅(ろじん)の妻。魯迅の死後「魯迅全集」を刊行。中華人民共和国成立後は全国婦女連合会副主席として活躍。魯迅との往復書簡集「両地書」は有名。著「暗い夜の記録」「魯迅回想録」など。シュイ=コアンピン。

シュイ‐コアンピン【許広平】

きょこうへい(許広平)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

許広平【きょこうへい】

魯迅の夫人。広東省生れ。字(あざな)は漱園,筆名に景宋などがある。北京女子師範大学に在学中,同校の講師でもあった魯迅と出会う。魯迅の死後,《魯迅全集》(1938年)を編集刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょこうへい【許広平 Xǔ Guǎng píng】

1898‐1968
魯迅夫人。広東省出身。字は漱園,筆名に景宋などがある。北京女子師範大学在学中,学園の自由化を要求する運動に参加し,同校の講師でもあった魯迅と接触,助言を仰ぎ文通が始まる(《両地書》)。魯迅の死後,戦時の障害をのりこえ,《魯迅全集》を編集刊行する(1938)。太平洋戦争勃発直後,日本憲兵隊に拉致され(41年12月),2ヵ月余の拘禁中さまざまな拷問を受けた(《遭難前後》)。解放後は,全国婦女連合会副主席などの要職につき,婦人代表団などを率いて諸外国を歴訪,日本へも56年(原水禁世界大会)と61年(仙台の魯迅記念碑除幕式)に来訪した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょこうへい【許広平】

1898~1968) 中国の婦人運動家。広東省出身。魯迅ろじんの妻。魯迅の革命運動を助け、その死後、「魯迅全集」の完成に努めた。魯迅との往復書簡集「両地書」がある。シュイ=コワンピン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

許広平
きょこうへい / シュイコワンピン
(1898―1968)

中国の文学者魯迅(ろじん)の夫人。婦人活動家。筆名は景宋など。広東(カントン)省番禺(ばんぐう)県生まれ。1923年北京(ペキン)女子師範大学に入学、自治会委員長。段祺瑞(だんきずい)が学生運動を弾圧した三・一八事件のあと、兼担教授の魯迅とともに北京を脱出、広州(こうしゅう)の中山大学でともに教職についたが、1927年10月、蒋介石(しょうかいせき)の弾圧から免れるため、ふたたび広州を脱出、上海(シャンハイ)に赴いて、翌1928年、魯迅との同居生活に入った。1936年、魯迅が死去したあと、その著作の整理に努め『魯迅全集』の刊行にあたったが、1941年上海の租界を占領した日本軍の憲兵隊に逮捕され、拷問によって足を傷めた。
 人民共和国成立以後は、全国人民代表大会常務委員、全国婦女連合会副主席などの要職にあり、1951年(昭和26)、1961年には日本を訪問した。1968年3月4日70歳で死去。魯迅との往復書簡集『両地書』(1933)は愛情の記録であり、文学的にも価値が高い。『遭難前後』(1947/邦訳名『暗い夜の記録』)は日本軍憲兵隊に逮捕された際の貴重な記録。そのほか『魯迅回憶録』(1961)など魯迅の思い出を綴(つづ)った多くの著作がある。[安藤彦太郎]
『松井博光訳『魯迅回想録』(1968・筑摩叢書) ▽安藤彦太郎訳『暗い夜の記録』(岩波新書) ▽魯迅・許広平著、竹内好・松枝茂夫訳『両地書』(1978・筑摩叢書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

許広平の関連キーワード周作人陳炯明広東縞広東省広州の魯迅記念館紹興の魯迅故居青島の魯迅公園古元鄭舜功粤(広東省)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone