コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認知発達 にんちはったつ cognitive development

1件 の用語解説(認知発達の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にんちはったつ【認知発達 cognitive development】

認知発達とは人間の知識や知覚,記憶,学習などの認知機構の起源とその変遷を探る領域であり,人間の知を探ることを大目標とする認知科学の中で,非常に重要で,中核的であると言ってもよい研究分野である。認知発達という領域の確立に最大の貢献をした個人はなんといってもピアジェである。ピアジェは〈認識や知能の起源は何か〉という発生認識学的興味から認知発達の研究を始め,乳児期から青年,成人期に至るまでの知能の発達的変化のメカニズムに関しての壮大な理論を打ち立てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

認知発達の関連キーワード認知科学記憶可能性認知実在論スクリプト理論二貯蔵モデル大知は愚の如し無識人知知覚計

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

認知発達の関連情報