コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調整卵 ちょうせいらんregulating egg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

調整卵
ちょうせいらん
regulating egg

多細胞動物の卵割初期の割球を分離したり,配置を変えたり,細胞質の一部を切取ったりしても,完全な胚を形成する卵。調節卵ともいう。モザイク卵対語。ウニ,ヒトデナメクジウオなどの卵はこの例である。卵の運命は部域的に決定されているのではなく,失われた部分を補い調節する能力があることがわかり,前成説が否定される根拠となった。しかし発生が進むにつれて,このような能力は次第に失われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の調整卵の言及

【モザイク卵】より

…多細胞動物において,(らん)またはの各部の発生運命が発生のごく初期から決められているため,胚の一部を殺したり除去したりすると,その部位に応じて一定の組織や器官の欠落した個体が作られるような性質をもった卵のことをいう。これに対し卵や胚の一部をとり除いたり,初期卵割期の割球を単離して発生させたりした場合にも形態的には正常,あるいはそれに近い形の個体を生ずるような卵を調節卵regulation egg(または調整卵)と呼ぶ。モザイク卵は,主としてクシクラゲ類やらせん卵割をする先口動物,ホヤ類などに広くみられ,調節卵は腔腸動物,棘皮動物,半索動物,脊椎動物などに一般的にみられる。…

※「調整卵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

調整卵の関連キーワード多細胞動物

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android