請山(読み)うけやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

請山
うけやま

江戸時代,諸藩が一定の条件を付して郷村民に貸与し利用させた直轄山林をいい,受負山,請所山,受取山などさまざまの名称があった。また幕府,諸藩が直接経営せず,山師に一定期間経営を請負わせた鉱山をも請山,請負山と呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うけ‐やま【請山】

江戸時代に、領主の持つ山林で、一定条件のもとに家臣や村または個人に貸与されたもの。
江戸時代、他村の持つ山林の草木をとることを許されて、毎年小作料を納めるもの。また、その山。宛山(あてやま)。請負山。
江戸時代、山師や材木業者が運上を納めて鉱山の経営や山林の立木伐採を請け負うもの。また、その鉱山や山。運上山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うけやま【請山】

江戸時代、領主の支配に属する山林を、村または個人がその管理を条件に一定期間使用収益すること。また、その山。
江戸時代、村と村との間の談合によって、事前に条件(期限・採取量・採取料金など)を決め、入会いりあいを許した山林。
江戸時代、山師が一定期間の運上額を決めて、鉱山の経営を請け負うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android