コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諦め アキラメ

デジタル大辞泉の解説

あきらめ【諦め】

あきらめること。断念すること。「諦めがつく」「諦めの悪い人」
[補説]書名別項。→あきらめ

あきらめ[書名]

田村俊子の小説。明治43年(1910)、大阪朝日新聞の懸賞小説に応募し、入選した作品。これにより著者は樋口一葉の再来と賞賛され、文壇デビューを果たした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あきらめ【諦め】

あきらめること。思い切り。断念。 「 -がつく」 「どうにも-がつかない」 「何事も-が肝心」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

諦めの関連キーワードアルティナイ アシルムラートワクラウディア ペヒシュタインクリス・ミン ドーキージェラルド マティアスオトー ハーバックコラッツィーニロブ ライナー百夜月と伝説エスパー伊東コルビエールふじいあきら比較生産費説キュニコス派灰田 有紀彦石黒由美子麻日奈芽実宇治加賀掾後円融天皇断腸の思い世間晴れて

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諦めの関連情報