諸山縁起(読み)しょざんえんぎ

世界大百科事典 第2版の解説

しょざんえんぎ【諸山縁起】

修験道の根本霊場である近畿地方の大峰山,熊野山,金峰山(きんぷせん),葛城山および笠置山の縁起,由緒を集めた記録。九条良経の子慶政(1189‐1268)の所持本(行蓮書写本)が九条家に伝わり,現在宮内庁書陵部に所蔵される。内容は,大菩提山(大峰山)仏生土要事,熊野参詣還向次第をはじめ多数の項目にわたる。各項目の記載は成立を異にし,これが《諸山縁起》として集大成されたのは鎌倉初期と思われる。これらの記事の一部は《金峰山創草記》や《金峰山雑記》《証菩提山等縁起》にも見え,また類似する内容の記載もこれらにある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android