コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸山縁起 しょざんえんぎ

1件 の用語解説(諸山縁起の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょざんえんぎ【諸山縁起】

修験道の根本霊場である近畿地方大峰山熊野山金峰山(きんぷせん),葛城山および笠置山の縁起,由緒を集めた記録。九条良経の子慶政(1189‐1268)の所持本(行蓮書写本)が九条家に伝わり,現在宮内庁書陵部に所蔵される。内容は,大菩提山(大峰山)仏生土要事,熊野参詣還向次第をはじめ多数の項目にわたる。各項目の記載は成立を異にし,これが《諸山縁起》として集大成されたのは鎌倉初期と思われる。これらの記事の一部は《金峰山創草記》や《金峰山雑記》《証菩提山等縁起》にも見え,また類似する内容の記載もこれらにある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone