コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊受大神宮 とようけだいじんぐう

5件 の用語解説(豊受大神宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊受大神宮
とようけだいじんぐう

三重県伊勢市山田 (→宇治山田 ) に鎮座。豊受宮 (とゆけのみや) ,度会宮 (わたらいのみや) ,外宮 (げくう) ともいう。もと丹波国比沼の真奈井原にあったが,雄略天皇の頃に現在の場所に移された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とようけ‐だいじんぐう【豊受大神宮】

三重県伊勢市の山田原にある伊勢神宮の外宮。祭神は豊受大神雄略天皇の時に、丹波比治の真名井原から迎えられたという。皇大神宮(内宮)と合わせて伊勢神宮と称する。渡会宮(わたらいのみや)。豊受宮(とゆけのみや)。外宮(げくう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とゆけだいじんぐう【豊受大神宮】

とようけだいじんぐう【豊受大神宮】

三重県伊勢市山田原にある神社。祭神は豊受大神。伊勢神宮の外宮げくう。渡会宮わたらいのみや。豊受宮とゆけのみや。とゆけだいじんぐう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊受大神宮
とようけだいじんぐう

伊勢(いせ)神宮の一つ。三重県伊勢市豊川(とよかわ)町に鎮座。皇大神宮(内宮(ないくう))に対して外宮(げくう)とよばれている。古くは度会宮(わたらいのみや)、豊受宮と称した。天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)の御饌都神(みけつかみ)、すなわち食物をつかさどる豊受大神(おおみかみ)(豊宇気毘売神(とようけびめのかみ))を祀(まつ)る。雄略(ゆうりゃく)天皇22年に丹波(たんば)国比治(ひじ)の真奈井原(まないのはら)(京都府京丹後(きょうたんご)市峰山(みねやま)町)より迎え祀ったと伝承する。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の豊受大神宮の言及

【伊勢神宮】より

…三重県伊勢市にある皇大神宮(図1)と豊受(とゆけ)大神宮(図2)の総称。前者を内宮(ないくう),後者を外宮(げくう)といい,両宮を併せて伊勢大神宮,大神宮,二所大神宮などとも呼ばれたが,現在では,神宮を正式の名とし,一般に伊勢神宮と呼ばれている。…

※「豊受大神宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豊受大神宮の関連キーワード皇大神宮山田神宮司庁神都月読宮宮崎文庫間の山神宮徴古館磯牟良新家阿久多

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊受大神宮の関連情報