娘義太夫(読み)むすめぎだゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

娘義太夫
むすめぎだゆう

女義太夫とも,略して女義 (じょぎ) ともいう。江戸時代からあったが,明治になって竹本京枝が浅草で人気を得,竹本綾之助や,美貌と美声の豊竹呂昇らの出現で隆盛を迎えた。サワリになると「どうするどうする」と声をかける書生たちは堂摺連 (どうするれん) と呼ばれた。近代の娘義太夫では,ほかに竹本小清竹本素女,豊竹団司らが知られる。昭和に入ると定席はほとんどなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

むすめぎだゆう【娘義太夫】

女性の義太夫語り。天保年間(1830~1844)頃から江戸で流行し、明治20年代から末年までが全盛期であった。竹本綾之助・豊竹呂昇ろしようらが有名。女浄瑠璃。女義太夫。俗に、垂れ義太とも。 「昇之助とは何だと聞いたら、寄席へ出る-だと教へて呉れた/三四郎 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

むすめ‐ぎだゆう ‥ギダイフ【娘義太夫】

〘名〙 女性の語る義太夫節。また、その女性。特に、明治後半期に美貌と美声の太夫が現われて人気を集めた。女義太夫。
※国民新聞‐明治二五年(1892)一月一七日「寄席抔は娘義太夫最も勢力を占め、清元常磐津等は火の消へたるが如くなり行き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の娘義太夫の言及

【女義太夫】より

…女性の語る義太夫節で,娘義太夫ともいう。1802年(享和2)に京都の少女が大坂へ出て大当りをとったのち,大坂では人形入りでしばしば興行された。…

※「娘義太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android