豊能[町](読み)とよの

  • 豊能

世界大百科事典 第2版の解説

大阪府北部,豊能郡の町。1977年東能勢村が町制,改称。人口2万6617(1995)。老ノ坂山地に位置し,猪名川支流の余野川上流域を占める。北部の妙見山日蓮宗能勢妙見堂(能勢町)があり,その参拝客を運ぶため,1923年に阪急宝塚線川西能勢口駅からの能勢電鉄線が豊能町西部の妙見口駅まで延長された。林業や寒天づくりなどは零細で,過疎化が進行していたが,67年以来能勢線沿線で住宅団地の開発が進められ,近年人口の増加著しい

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android