コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴志康一 きし こういち

1件 の用語解説(貴志康一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴志康一 きし-こういち

1909-1937 昭和時代前期の音楽家。
明治42年3月31日生まれ。幼時からバイオリンにしたしみ,17歳のときジュネーブに留学。昭和5年からベルリンフルトベングラーに指揮をまなび,帰国後は新交響楽団(現N響)などを指揮。作曲もおこない,9年ベルリン-フィルを指揮して自作の交響曲「仏陀の生涯」などを発表した。昭和12年11月17日死去。29歳。大阪出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

貴志康一の関連キーワード伊庭孝音楽家上真行山の音楽家金武良仁佐藤松平鈴木米次郎頼母木駒子見砂直照森連

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone