コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴志康一 きし こういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴志康一 きし-こういち

1909-1937 昭和時代前期の音楽家。
明治42年3月31日生まれ。幼時からバイオリンにしたしみ,17歳のときジュネーブに留学。昭和5年からベルリンでフルトベングラー指揮をまなび,帰国後は新交響楽団(現N響)などを指揮。作曲もおこない,9年ベルリン-フィルを指揮して自作の交響曲「仏陀の生涯」などを発表した。昭和12年11月17日死去。29歳。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貴志康一の関連キーワード貴志 康一現代音楽

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android