コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本集約型産業・労働集約型産業 しほんしゅうやくがたさんぎょうろうどうしゅうやくがたさんぎょう

1件 の用語解説(資本集約型産業・労働集約型産業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しほんしゅうやくがたさんぎょうろうどうしゅうやくがたさんぎょう【資本集約型産業・労働集約型産業】

労働力または生産量に対比して大量の資本設備を用いる産業を,一般に資本集約型産業という。労働集約型産業は,その反対概念。産業の資本集約度は,資本量/労働量の比率,すなわち,労働1単位当りの資本で測るのが普通である。労働者が平均的にみてどれだけの資本を装備しているかを示す値であり,労働の資本装備率あるいは単に資本装備率とも呼ぶ。資本集約度が高ければ高いほど,それだけ機械化が進んでおり,労働生産性も高いとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

資本集約型産業・労働集約型産業の関連キーワード可変資本集約農業生産費分配流動資本労働力資本集約型産業生産資本利潤率

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone