コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢聖 ケンジョウ

4件 の用語解説(賢聖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けん‐じょう〔‐ジヤウ〕【賢聖】

けんせい(賢聖)1」に同じ。「賢聖の遺徳」
《「げんじょう」とも》仏語。
㋐聖者(しょうじゃ)と賢者。菩薩(ぼさつ)と、その位に至る前の仏道修行の人。
㋑仏道の修行を積んだ聖者。

けん‐せい【賢聖】

賢人と聖人。聖賢。けんじょう。
濁り酒と清酒。→賢人2

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんじょう【賢聖】

〘仏〙 〔「げんじょう」とも〕
悪を去ったが凡夫にとどまっている者(=賢)と、真理をさとった者(=聖)。けんせい。 → 見道けんどう
仏道修行を積んだ高徳の僧。
賢聖けんせい 」に同じ。

けんせい【賢聖】

賢人と聖人。また、知恵と徳を兼ねそなえた人。聖賢。けんじょう。
〘仏〙 「 賢聖けんじよう 」に同じ。
にごり酒(=賢)と清酒(=聖)。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賢聖の関連情報