コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢聖 ケンジョウ

デジタル大辞泉の解説

けん‐じょう〔‐ジヤウ〕【賢聖】

けんせい(賢聖)1」に同じ。「賢聖の遺徳」
《「げんじょう」とも》仏語。
㋐聖者(しょうじゃ)と賢者。菩薩(ぼさつ)と、その位に至る前の仏道修行の人。
仏道の修行を積んだ聖者

けん‐せい【賢聖】

賢人と聖人。聖賢。けんじょう。
濁り酒と清酒。→賢人2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんじょう【賢聖】

〘仏〙 〔「げんじょう」とも〕
悪を去ったが凡夫にとどまっている者(=賢)と、真理をさとった者(=聖)。けんせい。 → 見道けんどう
仏道修行を積んだ高徳の僧。
賢聖けんせい」に同じ。

けんせい【賢聖】

賢人と聖人。また、知恵と徳を兼ねそなえた人。聖賢。けんじょう。
〘仏〙 「賢聖けんじよう」に同じ。
にごり酒(=賢)と清酒(=聖)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

賢聖の関連キーワード紫宸殿(ししんでん)浮屠・浮図・仏図阿毘達磨俱舎論聖(ひじり)昆明池障子十七条憲法帆山惟念狩野常信住吉弘貫賢聖障子片山貫道小野道風藤原光益狩野安信守住貫魚土佐経隆狩野孝信土佐吉光住吉広行歌仙絵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android