コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤平川 あかびらがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤平川
あかびらがわ

埼玉県西部,秩父盆地西方を流れる川。荒川支流。全長 31km。両神山北麓に源を発し,小鹿野町市街地付近で両神山東麓より流れてきた小森川,薄川 (すすきがわ) と合流。秩父市皆野町の境界付近で荒川と合流する。下流は河岸段丘の発達が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あかびら‐かわ〔‐がは〕【赤平川】

埼玉県北西部を流れる川。荒川の支流の一。両神(りょうかみ)山北方に源を発し、薄(すすき)川などを合わせて秩父盆地北東部の秩父郡皆野(みなの)町で荒川に合流する。長さ31キロ。あかひらがわ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤平川
あかびらがわ

埼玉県北西部、秩父(ちちぶ)地方北部を流れる川。「あかひらがわ」とも。荒川の支流の一つで、秩父盆地北東部の皆野(みなの)町で、荒川と合流する。延長30.75キロメートル。源を両神(りょうかみ)山(1724メートル)北方にある八丁(はっちょう)峠付近に発し、初め河原沢(かわらさわ)川といい、いくつかの沢水を集めて赤平川となる。小鹿野(おがの)町小鹿野付近で薄(すすき)川を、下流の秩父市下吉田付近で吉田川を合する。小鹿野から下流は、幅1キロメートルの河岸段丘が広がる。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤平川の関連キーワード赤平川納涼花火大会小鹿野(町)小鹿野[町]皆野[町]吉田[町]小鹿野吉田

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android