コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤平川 あかびらがわ

3件 の用語解説(赤平川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤平川
あかびらがわ

埼玉県西部,秩父盆地西方を流れる川。荒川の支流。全長 31km。両神山北麓に源を発し,小鹿野町市街地付近で両神山東麓より流れてきた小森川,薄川 (すすきがわ) と合流。秩父市と皆野町の境界付近で荒川と合流する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あかびら‐かわ〔‐がは〕【赤平川】

埼玉県北西部を流れる川。荒川の支流の一。両神(りょうかみ)山北方に源を発し、薄(すすき)川を合わせて赤平川となり、秩父盆地北東部の秩父郡皆野(みなの)町で荒川に合流する。長さ31キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤平川
あかびらがわ

埼玉県北西部、秩父(ちちぶ)地方北部を流れる川。「あかひらがわ」とも。荒川の支流の一つで、秩父盆地北東部の皆野(みなの)町で、荒川と合流する。延長30.75キロメートル。源を両神(りょうかみ)山(1724メートル)北方にある八丁(はっちょう)峠付近に発し、初め河原沢(かわらさわ)川といい、いくつかの沢水を集めて赤平川となる。小鹿野(おがの)町小鹿野付近で薄(すすき)川を、下流の秩父市下吉田付近で吉田川を合する。小鹿野から下流は、幅1キロメートルの河岸段丘が広がる。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤平川の関連キーワード秩父盆地秩父荒川〈村〉埼玉県秩父市荒川小野原埼玉県秩父市荒川白久埼玉県秩父市荒川日野埼玉県秩父郡長瀞町埼玉県秩父郡東秩父村埼玉県秩父郡皆野町埼玉県秩父郡横瀬町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤平川の関連情報