コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皆野町 みなの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皆野〔町〕
みなの

埼玉県西部,秩父盆地の北端にある町。 1928年町制。 55年国神 (くにがみ) ,日野沢 (ひのさわ) ,金沢 (かなざわ) の3村と合体。 57年三沢村を編入。中心地区の皆野は荒川とその支流の赤平川との合流点付近に発達した町で,市場町としてにぎわった。 1914年秩父鉄道が開設され,周辺の林産物,生糸,野菜などの集散地となった。現在ブドウなどの観光果樹園が中心で,ほかにコンニャク・野菜・シイタケなどの栽培が行われる秩父音頭発祥の地として知られる。北東部は,長瀞玉淀県立自然公園に属する。面積 63.74km2。人口 1万133(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皆野町の関連情報