コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両神山 りょうかみさん

6件 の用語解説(両神山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両神山
りょうかみさん

埼玉県西部,秩父山地にある山。標高 1723m。山体は秩父古生層のケイ岩から成り,山頂付近は数百mの絶壁をなし,鋸歯状の山体が特色。江戸時代から修験者の道場として知られ,毎年5月 10日が山開き

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りょうかみ‐さん〔リヤウかみ‐〕【両神山】

埼玉県西部、秩父市大滝地区と秩父郡小鹿野(おがの)町の境界にある山。標高1723メートル秩父古生層チャートからなり山稜は険しい。江戸時代、修験者の道場として、また、信仰の山としてにぎわった。山麓に両神神社があり、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉冉尊(いざなみのみこと)の二神をまつる。山名もここに由来する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

両神山【りょうかみさん】

埼玉県西部,秩父山地北部にある山。〈りょうみやま〉とも。標高1723m。秩父古生層のケイ岩からなり,山体はかなり開析され,鋸歯(きょし)状をなす。江戸時代には竜神山などとみえ,修験(しゅげん)者の道場として知られた。
→関連項目小鹿野[町]日本百名山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうかみさん【両神山】

埼玉県秩父郡大滝村と両神村との境にある秩父山地北部の山。標高1724m。秩父多摩国立公園に属する。秩父古生層のケイ岩からなる鋸歯状の岩峰で,伊弉諾(いざなき),伊弉冉(いざなみ)の2神をまつるところからその名があるが,日本武尊がこの山を通行するのに8日かかったといわれることから八日見(ようかみ)山とも呼び,また山上に竜頭神社奥社があるため竜神山とも呼ばれる奈良時代役行者(えんのぎようじや)が開山したと伝えられ,江戸時代には修験者の道場であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕両神山(りょうかみさん)


埼玉県西部、群馬県境近くに位置する山。標高1723m。鋸歯(きょし)状の岩峰が連なる特異な山容で知られる。秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に含まれる。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。古くから修験(しゅげん)道の霊場で、東麓(とうろく)に両神神社里宮、東側尾根に同本社、山頂に同奥ノ院がある。初夏のころはツツジシャクナゲ、秋は紅葉の名所。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両神山
りょうかみさん

埼玉県西部、秩父(ちちぶ)郡小鹿野(おがの)町の南部と秩父市大滝(おおたき)地区の境界にある山。標高1723メートル。秩父中・古生層からなる山で、とくに山頂付近は硬いチャートからなるため、山稜(さんりょう)はきわめて急峻(きゅうしゅん)で、特異な山容を呈する。山頂直下の両神神社奥社に伊弉諾・伊弉冉尊(いざなぎいざなみのみこと)の二神を祀(まつ)るので両神山とよばれる。奈良時代に役小角(えんのおづぬ)が開山したと伝えられ、江戸時代、修験(しゅげん)者の道場としてにぎわった。山麓(さんろく)に両神神社、中腹に不動滝がある。5月10日が山開きで、山頂付近では5月下旬から6月上旬にかけてヤシオツツジ、シャクナゲが咲き、秋は紅葉で美しい。山頂からは奥秩父、日光、八ヶ岳(やつがたけ)などの山々を望むことができる。山麓の日向大谷(ひなたおおや)から登る道のほか、北の八丁峠から登る道もある。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

両神山の関連情報