コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤新聞 あかしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤新聞
あかしんぶん

低級な興味本位の新聞。明治時代にセンセーショナリズムで人気のあった黒岩涙香の『万朝報』が淡紅色の用紙であったため,この呼称が起った。 (→イエロー・ジャーナリズム )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

赤新聞【あかしんぶん】

明治20年代後半に,つやだねや暴露記事を武器に激しい販売競争を演じた東京の商業紙をさしていった。現在では一般に低俗なセンセーショナリズムを売物とする新聞の総称。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかしんぶん【赤新聞】

明治20年代の後半に東京の商業新聞がはげしい販売競争を演じたとき,つやだねや暴露記事で売行きの増大をはかった新聞を赤新聞といった。1892年黒岩涙香の創刊した《万朝報》が〈娯楽的毒舌新聞〉(正岡芸陽の言葉)として売り出したのがその最初で,同紙が淡紅色の用紙だったことからこの名が生まれたともいう。昭和の初め《読売新聞》が正力松太郎新社長のもとで部数を増していったころにも,新聞界の一部にこれと似たセンセーショナリズムの傾向が見られた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あかしんぶん【赤新聞】

暴露記事などを主とする低俗な新聞。 〔「万朝報よろずちようほう」が淡紅色の用紙であったことから、という〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤新聞
あかしんぶん

読者の情緒に強く訴えるエロやゴシップあるいは暴露記事などを扇情的に扱って、売れ行きの増大を図る興味本位の低俗新聞。日本の新聞は明治20年代後半に入ると、しだいに大衆化したが、それにつれて、東京の商業新聞の間で激しい販売競争が起こった。1892年(明治25)黒岩周六(涙香(るいこう))が創刊した『萬朝報(よろずちょうほう)』は、「艶種(つやだね)」や上流階級の「蓄妾(ちくしょう)」問題などプライバシーを暴露するような記事で売り出したが、その新聞が淡紅色の用紙を使っていたところから、赤新聞ということばが生まれたといわれる。こうした扇情的な低俗新聞は同じころアメリカにも出現した。それをイエロー・ジャーナリズムという。[高須正郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤新聞の言及

【イェロー・ジャーナリズム】より

…部数,利潤の拡大を至上目標に,スキャンダル,センセーショナリズムを売物にするジャーナリズムへの蔑称(べつしよう)。日本で赤新聞といわれるのがほぼ同義。1890年代,巨大企業と化したピュリッツァーの《ワールド》紙と,ハーストの《ニューヨーク・ジャーナル》紙は,常軌を逸した競争を展開する。…

【ジャーナリズム】より

…また黒岩涙香の《万朝報》や秋山定輔の《二六新報》は,それぞれに政・財界人のめかけ囲いを暴露したり,民営タバコのもうけがしらの私行をあばいたり,吉原の娼妓を解放したりなどしてセンセーショナルな紙面構成をはかり,廉価なこととあいまって大衆的な新聞となった。とくに《万朝報》の用紙がうす桃色だったこともあって赤新聞とさげすまれたが,これは既成体制の選良層が放ったものであった。 前世紀末のアメリカでは,行政機構の腐敗や独占資本の権勢を公衆にむかって告発するマックレーキングmuckrakingという報道活動がおこなわれた。…

※「赤新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤新聞の関連キーワードイェロー・ジャーナリズムイエローペーパー

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android