赤谷鉱山(読み)あかだにこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤谷鉱山
あかだにこうざん

新潟県新発田市の加治川上流にある鉱山。赤鉄鉱を年約1万t産出。江戸時代に開発。古生層の石灰石石英粗面岩花崗岩などの中に薄いレンズ状にはさまれて存在する。鉄分の含有率は 49.7%。鉄鉱石のほかに石灰石も産出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android