コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤谷鉱山 あかだにこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤谷鉱山
あかだにこうざん

新潟県新発田市の加治川上流にある鉱山。赤鉄鉱を年約1万t産出。江戸時代に開発。古生層の石灰石石英粗面岩花崗岩などの中に薄いレンズ状にはさまれて存在する。鉄分の含有率は 49.7%。鉄鉱石のほかに石灰石も産出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

赤谷鉱山の関連キーワード新潟県新発田市自然砒

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤谷鉱山の関連情報